安心感があるお店を選ぶのが利口である

安心感があるお店を選ぶのが利口である

最近は家庭用の脱毛機器も進化して性能が上がってきたと言われています。

性能が上がったのなら脱毛エステに行かなくても家庭用脱毛機器で脱毛した方がコスト的にお得かも・・・と思う人もいるかもしれません。

しかしやはりまだ脱毛エステサロンをお勧めしたいと思います。

その理由はいくつかあります。

まずあなたが全身脱毛を望んでいるのであれば、家庭用脱毛機器では全身をするのは難しいからです。

家庭用脱毛機器ではデリケートゾーンや顔などできない部位がいくつか存在します。

そして背中など物理的な問題で手が届かないなどの理由から自分1人では処理できない場所もありますよね。

またやりにくいから何度も脱毛機器を当ててしまう、長時間光を当ててしまった結果肌を傷つけてしまう可能性もゼロではありません。

脱毛機器の扱いになれたスタッフが肌のケアを十分にしながら施術を行ってくれますが、素人が家庭用脱毛機器で知識のないまま脱毛をすると危険もあります。

もし肌に異常が生じてしまった時にもどう対処したらいいのか分からなくて慌ててしまいますよね。

お店なら専用のドクターがいたり、皮膚科と提携を結んでいるので何かあった時の対処も万全です。

それからコスト面ですが、家庭用脱毛器はそれなりにいい値段がしますし、そして使っているうちにカートリッジなどの消耗部分を取り換える必要があります。

それらのコストを考えると長期的な目でみれば脱毛エステサロンに通った方がお得になるのです。

店舗の方が料金的にもお得であれば、自分でしなくていい、肌へのダメージも少ない、安心感があるお店を選んだ方が利点が多いですよね。

脱毛は1回だけでは終わらない

脱毛は1回だけでは終わらない

ムダ毛の自己処理って面倒ですよね。

もう自己処理をしなくていいようにと脱毛エステサロンに通いたいと思っている人もいるでしょう。

そして脱毛エステサロンのキャンペーンで両脇1回980円で施術する事が出来るというキャンペーンに申し込んだとしましょう。

たった1回の脱毛で効果はあるのでしょうか?

実際のところ脱毛は1回だけでは不十分です。

その時生えているムダ毛に関しては1回の施術で綺麗になったかもしれませんが、またすぐに生えてきてしまいます。

なぜかというと毛には毛周期と呼ばれて2~3ヶ月に1度生え変わっているからです。

つまりあなたがした脱毛はある周期の毛にとっては有効的だったのかもしれませんが、それ以外の周期の毛にしてみれば何も施術をされていない状況なのです。

そのため脱毛は基本的にコースになっていて2~3ヶ月の周期に合わせて4~5回施術をして初めて完了となるわけです。

もちろんキャンペーンは脱毛の完了を謳っているわけではなく、1回の施術を受けて肌への負担とか料金システムについてとか不安を解消したら脱毛エステサロンの脱毛コースに申し込んでもらうためです。

様子見と考えてもらって間違いありません。

逆にたった1回の施術で脱毛が完了すると謳っているところは、脱毛機器は進化している事は事実ですが、まだ1回の施術だけで完了する技術には到達していないと断言出来ます。

嘘を言っているという事ですから、そうゆう脱毛エステサロンには近寄らない方が賢明です。

恥ずかしい姿で熟睡してしまった

恥ずかしい姿で熟睡してしまった

脱毛エステサロンの施術中は部位によっては痛みを伴うと答える人も多いようです。

特に敏感な部分、VIOでは痛みを伴ったという人も多いようですが、幸いそれほど痛みがないという人もいて個人差があるみたいです。

自分の場合は全然痛みがなく、ついつい脱毛施術の時間帯は眠ってしまう事が多いのです。

しかし先日それで恥ずかしい思いをしてしまいました。

施術中の格好って脱毛するから仕方がないとは言え、人に見せれるような姿ではありませんよね。

特に前回はOラインの脱毛だったので下半身は裸の状態でした。

その状態のまま眠ってしまい、しかも施術の後に保冷パックを股間においた状況での爆睡です。

一応気を遣って下半身にはタオルをかけてくれていましたが、起きた時にはすごく恥ずかしい思いをしました。

脱毛の施術中に眠れるぐらい痛みを感じないという事はラッキーだと思いますが、さすがに下半身丸出しの状態で寝るのは女性としてどうかと反省しました。

最初はOラインの脱毛でこんな部分を人に見られるなんて恥ずかしいなんて思っていたのに施術2回目ですでに慣れてしまいスタッフに見られる事への羞恥心もありません。

しかし綺麗になるために全身脱毛をしているのですから、内面だって綺麗にと思ったらもう少し羞恥心も必要なのではないかと思いました。

とりあえず残りの施術中には爆睡しないように注意したいと思います。

見た目もきれいにするのは自分で行う事

見た目もきれいにするのは自分で行う事

毎年お盆の時期になると実家に帰省し学生時代の友達と会っています。

社会人になったり、結婚して母親になったりとここ数年でどんどん周囲は変化していきます。

学生時代の友達とは学生のノリで話す事も多いのですが、やはりふとした瞬間に大人になったと感じる事があります。

それは精神面もですが、外見的にも人の事は言えませんが、夜中遅くまで飲んでいると友達の顔も疲れてきてそれを見て老けたなと思ってしまいます。

きっと相手も同じように思っているんだろうと思いますが。

学生時代ってスッピンでも艶々していたし、綺麗な子は努力しなくても綺麗でした。

でも今は学生時代は容姿では目立たなかった子で綺麗になった子が目を惹きます。

内面の自信とかが外面に出て綺麗という事もあると思いますが、それ以上に外見にどれだけ気遣っているかで大きな差が出てしまいます。

もう外見を気にしなくなってしまったらあっとゆうまにオバサンになってしまいます。

私もこのままじゃオバサン一直線になってしまうと危機感を覚えて脱毛エステサロンに今年は通い出しました。

ムダ毛の処理に時間をかけるよりももっとスキンケアや体型維持に時間をかけたいしと思ったからです。

ですが脱毛をした事で肌が艶々で綺麗になり、先日嬉しくて久しぶりに短いスカートなんてはいてしまいました。

これからのライフスタイルに合わせて考える

これからのライフスタイルに合わせて考える

あなたは3年後は何をしていますか?

そんな先の事は分からないと答える人も多いと思います。しかし全く3年後のめどが立たないのであれば全身脱毛申し込みはちょつと待って下さい。

全身脱毛は脱毛エステサロンに1回行って脱毛の施術を受けたらそれで完了というわけにはいきません。

毛周期に合わせて3ヶ月に1度通い2年~3年の月日がかかってようやく完了する事ができるのです。

例えば最近は全身脱毛が月額制の料金になったので高校生のアルバイト代でも支払う事は可能でしょう。

しかし高2の女子高生がアルバイトのお金で全身脱毛をする事になったとしましょう。

1年間は問題なく通えたけど3年に進学したら受験もあるしアルバイトを辞めてしまった場合、お小遣いだけでは月額制のお金を払えないという事になるかもしれません。

またアルバイトのお金をためて全身脱毛用に30万円貯めているという場合でも受験間近に脱毛エステサロンに通う余裕はなかなかないでしょう。

そして大学に合格して、進学を機に上京なんて事になり引っ越し先に脱毛チェーン店が存在しなかったらどうなりますか?

他にも同じ理由で大学生が社会人になる年もそうですし、女性の場合は社会人でも結婚して妊娠してと生活環境が激変する可能性もあります。

そうゆう時に途中で全身脱毛を止める事になるのはそれまでかけたお金と時間が勿体ないですよね。

なので当分引っ越しする予定もないし、結婚する予定もないとライフスタイルに大きな変化がなさそうな時期を選んで全身脱毛を申し込むようにして下さい。

もちろん申し込んだ時にはフリーだったけど、その後電撃的な出会いがあってスピード婚をして妊娠・・・・なんて事は予想もできないので仕方がない部分もありますがなるべく続けられる時期を狙って全身脱毛をするようにしましょう。

情報をそっくりそのまま受け入れないようにする

情報をそっくりそのまま受け入れないようにする

脱毛サロンは本当にたくさんの店舗があります。

そのためどの脱毛サロンを選んだらいいのか迷う人も多いでしょう。

そして選ぶ時の参考にしているのが口コミ情報かもしれません。

確かに利用者の声は参考になる場合もあります。

しかし口コミ情報だけを鵜呑みにするのは危険です。

例えば悪質でお金を騙し取るようなエステサロンがあったとして、そのエステサロンは自作自演で口コミにまるで体験者のような顔をしていい事ばかりを書いたとしましょう。

そのカキコミをしてそんなに脱毛効果があったのなら自分のここのお店にしようと選んだのに実際は全く効果がない、一昔前の脱毛器が使われていて痛みを伴ったなんて事もあるかもしれません。

また悪意はなく自分が体験して感じた事をそのままカキコミしたという場合でも脱毛は個人差が大きいので必ずしもその効果があなたにあるとは限らないのです。

ある女性は毛が薄く、そのため施術の際に毛が脱毛器になかなか反応しなかったとしましょう。

そして部位が背中だとますます薄い毛になってしまい上手く施術がいきませんでした。

その人にしてみればせっかく脱毛エステサロンで全身コースを選んだのに背中がちっとも綺麗にならない。

ここの脱毛サロンは全然効果がないと思う気持ちは本物です。

しかし人それぞれ毛の量が違えば毛の濃さも違います。

あの人には効果がなくてもあなたには効果がある脱毛サロンの可能性はあるのです。

口コミ情報だけを信じて選べは必ずいい脱毛サロンを選べるかというと必ずしもそうとは言えないという事です。

そのため無料のカウンセリングや、実際キャンペーンで施術してもらいここは自分に合うのか合わないのか判断する方がいいでしょう。

施術中は多少声が出てくる

施術中は多少声が出てくる

脱毛施術を行う時には脱毛機器から光が出るためゴーグルやサングラスで目を保護する店舗が多いのです。

確かにそれは必要な事ではあるのですが、視覚が奪われてしまう分肌の感覚はよけいに敏感になってしまうので要注意です。

脱毛施術時に痛みを伴うかどうかには個人差があります。

痛かったという人もいれば、ちょっとチクっとした程度という人もいます。

そして施術する場所によっては痛みは異なります。

腕や脚はなんともかくてもVIOラインは痛いという人も結構いるようです。

確かにデリケートな部分なので痛くても仕方がないのかもしれませんが知らずに施術を受けると思わず悲鳴を上げてしまう人もいるようです。

AさんはVIOラインの施術をする時に前もって痛いかもしれないと心の準備をしていたので確かに痛みは感じましたが思っていたほどではないので声を出す事はなかったようです。

しかし施術が終わったホッとした時にいきなりその箇所を保冷ジェルで冷やされた時には思わず声が出てしまったようです。

もちろんスタッフはちゃんと声をかけていてくれたらしいのですが聞き逃してしまっていたようです。

ちゃんと施術後の肌を冷やさなといけないという事は分かっているのですが、声を出してしまった事は恥ずかしかったようです。

スタッフも痛みを伴う施術中はしっかり声がけをするのですが、保冷ジェルの時はそこまでしっかり声かけをしない事も多いので次からは施術後も心の準備をして保冷ジェルに臨みたいと思います。

隣の部屋から悲鳴が聞こえてきたら

隣の部屋から悲鳴が聞こえてきたら

脱毛エステサロンは施術中はやはり人に見られたら恥ずかしいのでカーテンで仕切られていたり、個室になっているところが多いのですが防音性はありません。

別に脱毛エステサロンだから防音性は必要ないわけですが、やはり隣の人が悲鳴を上げていたら気になってしまいますよね。

最初に悲鳴を聞いた時には本当に驚きました。

私自身は脱毛が初めてで、しかも悲鳴が聞こえて時にはまだ準備段階で施術を行われていなかったのです。

脱毛器で脱毛をしてもらうのは悲鳴が出るぐらい痛いの?と完全にビビッてしまいました。

まぁ、申し込んだ後でしたし、お金も払ってしまったのでここで止めるわけにもいきませんでしたが・・・・。

ただその日の私の施術はワキだったので施術してもらった時に少しチクっとしただけで痛みは全然ありませんでした。

ホッとしましたが同時にじゃあなんであの人は悲鳴が出るぐらい痛みを伴ったのだろうと不思議に思ってしまいました。

個人差があるとはいえ、大げさなんじゃ・・・・とあの時は思っていたのです。

しかし実際自分がOラインの脱毛の施術をした時の事です。
思わず悲鳴をあげそうになりました。

何でこんなに痛いの!!と内心叫んでしまいましたが、同時に理解しました。

私が脱毛エステサロンに初めて着た時に隣にいた人はきっとOラインの脱毛をしていたんだ・・・・と。

納得はできましたが、脱毛する部位によってこんなに痛みが違うなんて、最初にワキから始めてよかったとしみじみと思います。

耐性が全くない状態でOラインスタートでは、きっと途中で止めて帰ってしまったと思います。